法廷画の特徴

裁判中、法廷内の写真撮影は許可されていません。テレビで、大きな事件の裁判のニュースが流れて、裁判官や検事、弁護士の姿が映し出されることがありますが、あれは裁判が始まる前に特別に許可されて撮影している映像であり、当然、法廷に被告が入ってきて裁判が始まったらカメラは止めることが義務づけられています。
カメラの代わりにテレビ局が利用するのが絵です。法廷画家と呼ばれる専門の画家に依頼して、裁判を傍聴してもらい、被告人の姿を描いてもらうのです。描いてもらったた絵は、法廷内の被告人の様子としてニュースで利用されます。
法廷画というのは、基本的に被告人の裁判中の様子がよく伝わるように、あらかじめテレビ局のスタッフと画家の間で打ち合わせが行われます。たとえば、裁判中、いつもふてぶてしい態度を取っている被告人を描く場合、うつむいている姿を描くよりも、顔を上げて裁判官を見ていたり、あるいはそっぽを向いている様子を絵にした方が被告人の様子をよく表していると言えるので、テレビ局のスタッフがそういったことを伝えるわけです。
絵の描き方ですが、写真のように写実的なタッチで描かれるということはなく、どちらかというと、少しラフな感じで描かれることが多いです。